事務局からのおしらせ

第36回滋賀県社会福祉学会「“我が事、丸ごと”を現場から問う

日付:2018年02月22日(木) 発信者:滋賀県社会福祉協議会

◆第36回滋賀県社会福祉学会◆

テーマ:「“我が事、丸ごと”を現場から問う!」

日時:平成30年2月22日(木)9:30〜16:30
   ※自由研究発表は今年度から午前中に行います

会場:県立長寿社会福祉センター
   (草津市笠山七丁目8番138号 県立長寿社会福祉センター内)

参加対象:社会福祉事業従事者、医療・保健関係者、教育関係者、企業・団体関係者
     ボランティア、地域福祉活動実践者、学生、福祉に関心のある人

参加費 ※当日、受付でお支払いください
   ・一般参加・発表参加者    1,200円
   ・大学・短大・専門学校等学生 1,000円 
   ・高校生以下          無  料

参加方法
「一般参加申込書」に必要事項を記入のうえ、お申込みください。
募集案内は、県社協のホームページからもダウンロードできます。
http://www.shigashakyo.jp/

参加申込締切
平成30年2月15日(木)
※但し、定員(400名)に満たない場合は、締切日を越えても受け付けますので、お問い合わせください。
  
日程
 9:00〜  9:30 受付
 9:30〜  9:40 開会式
 9:45〜 12:50 自由研究発表(分科会)
  社会福祉に関わる活動、研究等を行っている方が日頃の成果を発表する場です。
  枠や分野をこえて、福祉に関わるものみんなで共有したいと思っています。
12:50〜 13:40 昼食・休憩
13:40〜 16:00 学会シンポジウム
 <シンポジスト>
 ・社会福祉法人さわらび福祉会 スポットライフくれぱす 施設長 山秀樹氏
 ・地域交流センター「老いも若きも」コーディネーター 小倉稀唯子氏
 ・済生会滋賀県病院 医療ソーシャルワーカー 川添芽衣子氏
 ・高島市社会福祉協議会 ふくしのまちづくり推進課生活支援グループ 係長 松本道也氏
 ・甲賀・湖南成年後見センターぱんじー 所長 桐高とよみ氏 
 <コーディネーター>
 永田 祐先生(同志社大学准教授、厚生労働省地域力強化検討会委員)
16:00〜 16:30 閉会式(奨励賞発表)

手話通訳等
・学会シンポジウムには、手話通訳者、要約筆記者を依頼します。
・自由研究発表の時間帯に、手話通訳、要約筆記者等をご希望の場合は、申込み時にその旨をご記入ください。

昼食
昼食は各自でご用意ください。なお、当日は弁当の予約販売も予定しています。


◆問合せ.・申込先◆
滋賀県社会福祉学会事務局
(滋賀県社会福祉協議会 事業部門地域福祉担当)
 電話:077-567-3924 FAX:077-567-5160 
 E-mail:shiga-gakkai@shigashakyo.jp
 ホームページ:http://www.shigashakyo.jp/